投稿日:2022年1月3日

防水層の劣化サインとは?

こんにちは!千葉県千葉市中央区に拠点を置き、雨漏り修理や防水工事を手掛ける株式会社野上工業です!
「防水層の劣化はどのように判断するの?」
このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。
そこで今回は「防水層の劣化サインとは?」をテーマに設定し、具体的にご説明しましょう。
ぜひ最後までご覧ください!

ウレタン防水の場合

チョーキング現象

チョーキング現象とは、いわゆる塗料の劣化を意味します。
具体的には、雨や紫外線などの影響により保護塗料・塗膜が粉状になる現象です。
表面を指で触れた際に白い粉がついた場合、基本的にはチョーキング現象と判断できます。

塗膜の減耗

塗膜の減耗とは、雨や紫外線などの影響により塗膜厚が減少することを意味します。
塗膜厚が減少した場合、下地のひび割れや塗膜の破断といった症状につながる可能性があります。

塩ビシート防水の場合

シートの破断

シートの破断は、シートの収縮により発生する症状です。
単純な経年劣化だけでなく、飛来物による損傷が原因になるケースもあります。
また、シートの破断を放置すると破断部より雨水が浸入する可能性があります。

ディスクの浮き

塩ビシート防水では、固定ディスクを用いて防水シートを下地に固定します。
その固定ディスクが浮き出てしまうことも劣化サインの一つです。
原因としては、風の影響によるシートのバタつきなどが挙げられます。

防水工事・雨漏り修理のご依頼はぜひ弊社へ!


千葉県千葉市中央区に拠点を置く弊社では、防水工事をメイン業務としております。
建物の規模を問わず、戸建て住宅・アパート・ビル・商業施設などに対応しております。
多種類の工法から最適なものを選んで作業を進めてまいりますので、この機会にぜひご依頼くださいませ。
なお、弊社では防水工事のほかに雨漏り修理も積極的に請け負っております。
雨漏りを放置すると木材の腐敗をはじめとする多くの問題につながるため、できる限り早めの対処が必要になります。
弊社でも一刻も早く雨漏りを解決するためにスピーディーに対応しておりますので、異変を感じるという場合は速やかにご連絡くださいませ。
なお、弊社へのお問い合わせにつきましては、お電話あるいはウェブ上の専用フォームより受け付けております。
防水工事・雨漏り修理に関するご要望を幅広く受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談
くださいませ。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社野上工業
〒260-0801 千葉県千葉市中央区仁戸名町324-57
TEL:043-266-1503 FAX:043-497-4407


関連記事

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めましょう!

新型コロナウイルス感染拡大防止に努めまし…

こんにちは!千葉市の株式会社野上工業です。 弊社は関東エリア一円で各種防水工事の承っております。 新 …

ベランダや屋上の防水加工の劣化は大丈夫?

ベランダや屋上の防水加工の劣化は大丈夫?

ベランダや屋上の劣化で気になることはございませんか? 劣化が進むとこんな症状が! ベランダや屋上は、 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社野上工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …